アメリカ型鉄道模型・連載コラム『モデルライフ』 Vol.40



JAMコンベンションまで、いよいよカウント・ダウンです。出し物もさることながら、細かく造りこんだ作品で、且つ二人で抱えるような大きさになりますと、これを会場に運び、また持ち帰って収納しておくためのケースも作らねばなりません。このケースの段取りをするのが一仕事です。

昨年、「クラム・ベイ」や「米山鉄道」のために開発(とはチト大げさですが)した9mm厚シナベニヤで造る箱状の蓋で、構造は標準化できましたが、「箱状の蓋」ということは、板材が6枚要るわけです。

もうすっかり顔なじみの東急ハンズ池袋店木材加工サーヴィスは、実に寸法が正確で、まるで完全キットのような部材が揃ってしまうのですが、定尺の材木から必要部分を切り出せば、毎回当然、大小の残材、端材が出ます。

貧乏性で「あれもまだ何かに使えるのではないか」とすぐ考えてしまう私は、当然これを全部もらってきます。端材、残材といえども直角は正確ですから、余計に「何かに‥」という気持ちが起こるのです。

遅れに遅れた今年のJAM出品作品プロジェクトですが、ラスト・スパートで一昨日これらの部材のカットを注文してきて、昨日夜引き取ってきました。9tやら12tやら取り混ぜて定尺ベニヤが6枚分、それに角材やら板材ですから、家内につき合わせ、店員さんもそれぞれの階で、エレベーターまで、またエレベーターからタクシーまで、運んでくれて、大騒ぎです。

昨晩は米山鉄道の走行調整やら樹木の植え足しやら、細かい作業で夜明かしになってしまい、今日の午後、また家内に協力してもらって昨日の材木の荷解き。出てくるわ、出てくるわ、たちまちに残りスペース少ない我が家の玄関から台所まで、ベニヤ板一色になってしまいました。

それを使用目的ごとに選別して‥結局、私は材木が好きなのだ、ということに今日気付きました。材木って、いい香りがして、しかも夢がある。いまどき、こんな大きなものがあの値段で買えて、しかも夢を膨らませてくれる、という‥「血」というのもあるでしょう。祖母の父、つまり私の曽祖父から呉服屋になりましたが、それ以前の先祖は数代に亘って、江戸城お抱えの大工の棟梁でした。祖母の母親は浅草花川戸の下駄屋から嫁に来ています。越後の柿崎(今回の「米山鉄道」の舞台です)から養子に来た祖父の実家はこれまた、たんすやら引き出しやら家具やらを作る指物師でした。みんな材木に縁のある家業でした。

ですから、東京の盆は先月済みましたが、この家中材木の散乱を見ても先祖たちは「血は争えないね、不器用なのが玉に瑕だけど‥」と悦んでいることでしょう。日曜大工の名人だった祖父などは、晩年手が動かなくなってからも私が金槌を叩いていますと、そのリズムを聴いて喜んでいましたから、こうして材木と格闘しているのが何よりの供養だ、と勝手に思っておりますが‥

それで、その材木の山から、今夜組み立てたのは昨年の「クラム・ベイの船着場」(『LB4』をご覧ください)の右隣に来る、仮称「バージン・ハーバーの場末」の台枠です。

あと5日で搬入というのに、いまごろレイアウト・セクションの台枠を組んでいる、というのは、江戸下町風で言いますと「ふてぇー了見」そのものですが、「今年は、レイアウトはこう造る、というところを、左の完成しているクラム・ベイと対比して見てもらうのも面白いか」と居直った次第です。

幸い、主要な地上ストラクチャーは細かいディテール・パーツ以外は一応間に合いましたので、好きな方には却って、枕木の列に夢を感じていただけるのではないでしょうか?

写真は「今日はここまで来ました」の報告です。船体はまだ仮置きですが、こんなキットを、この2艘の他にまだ大小4つも温めています。

それにしても、こうしてみると、長さ1,100mm、というのは実にいいサイズと思います。「クラム・ベイ」も「米山鉄道」も全く同寸の1,100×455ですが、これが皆さんよくお造りになる「定尺4つ割り」の900×450と長さがわずか20cm違うだけで、これだけの内容が入ります。900mmですと、第一、線路に変化や角度をつけられません。ストラクチャーも振りにくくなります。そうすると、自ずと構成が限られてしまうのではないでしょうか?

自動車だったか冷蔵庫だったかのコマーシャルにも何か似たようなフレーズがあったような気がしますが、「ほんのひとまわりで、これだけの収納」ということでしょうか?

長さ900mmというのは、この辺が「帯に短し、たすきにも短し」で中途半端だけに、却って構成が難しいのではないか、と16番やHOのモジュール・レイアウトを拝見すると感じます。Nの600×300というのも難しいですね。結局「2:1」という比率自体が落とし穴なのか、とも思います。

あと4日です。

でも「締め切り」って、何よりの起爆剤ではないでしょうか?