週刊 汽車道楽 平成28年12月11日号(1)



◇ 「デゴソバ」


あなたは「D51」を呼ぶのに「デコイチ」と発音なさいますか?それとも「デゴイチ」と

濁る派?


「現場通」をもって自らを任じる方の中には「デコイチ、と濁らないのがプロである。デ

ゴイチと濁るのは素人」とのたまう向きもあります。


私は元来が大雑把を好むたちで、言葉というものは手書きの矢印程度のもの、意味さえ通

じれば何が正確か、いちいち言い立てるほどのものでもないだろう、という考えなので

、「デゴ」でも「デコ」でも、その人が好きなように使えばいいだろうと思っています。


そもそも、旧国鉄の現場といってもかつてD51が入線していたのは、北は名寄から南は鹿

児島まで数限りなくあったわけで、それぞれの地域で当然方言もあったでしょうから、愛

称、通称に「これが正しい」もないものでしょう。


私自身、普段、その時の気分で「デゴ…」と言ったり、「デコ…」と発音したり、一定し

ませんし、意識もしていません。


ただ「C55」、「C57」…となると「シココ」、「シコナナ」と発音する人に遭わないと

ころをみると、「一貫性」という点では「5」はやはり「ゴ」なのでしょうね。

「ギョエテとは俺のことかとゲーテいい」落語にもそういうことで、いちいちに人の会話

の細部を正さないと気がすまない知識人気取りが登場してきますが…鉄道趣味界では、も

う亡くなられて久しいですが、日高冬比古さんという、国鉄OBの技術屋さんでしたが、

そういう「小言幸兵衛」で有名でしたね。この方が一座に混じると一々に説教が入るので

会話が成立しなくなってしまう。日高さんがそばにいると、皆さん警戒してつい口が重く

なってしまう。ご本人は至って無邪気なのですが…そういう有名人も居たものです。


まあ、「道楽」ですからね。会話の流れを止めてまで言い立てるのも野暮と思いますが…

さて、先月、鉄道写真家の高野陽一氏のお誘いで、上越線にC61を写しに行った際のこと

です。


この高野夫妻の毎回のお誘いは「蒸機を気楽に写して、地場の美味い物で昼食を摂り、道

の駅に立ち寄って、都会に流通していないような食材を買い求める」というのがコンセプ

トです。


今回も水上でC61の折り返しを待つ間、温泉街の入口にある「道の駅」に車を走らせて下

さり、東京では見かけないキノコなどを買い求めるができましたが、ふと麺類のコーナー

を見ると、D51を袋の絵柄にした「デゴソバ」なる商品に気づきました。


「上越線水上駅前 くぼ田」なる商店が製造しているそうで、裏面の説明には「みなかみ

駅にやってくるSLのボディーに似せて、竹炭を練り込んだ黒いソバを作りました。」とあ

ります。


あの「イカ墨スパゲティー」にヒントを得たものなのはあきらかです。

まあ、黒いソバ、というだけで、特に栄養的な効能があるわけではありませんが、炭の香

りは好きなので、「話の種に」と買ってみました。


袋の説明によれば、メーカーとしては冷麺で食すのがお勧めのようですが、黒い麺を黒っ

ぽいつけ汁に入れては視覚的に面白くないので、当家では汁そばで、対比を美しくするた

めに天ぷらそばにしてみることにしました。プレートなどの砲金の色のつもりです。




「天ぷらそば」というと、大変贅沢に聴こえますが、近所のスーパーの、自家製の天ぷら

を出している店で、どうせインド洋かブラジルあたりの養殖海老でしょう、惣菜物の海老

天ぷらを買ってきまして、載せてみただけです。そば、そのものは、墨の香りと、べとつ

かない歯ざわりが気に入りました。


まあ、これだけの話ですが、ご興味のある方は下記が製造元ですのでご照会ください。


「そば処 くぼ田  〒379-1611 群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢70-15

電話0278-72- 6420」


それにつけても、全国に蒸機の運行を存続させたいと願うなら、撮影に行くファンがわず

かでも地元にお金を落として観光効果を生むことに協力すべきですね。自動車で行って撮

るだけ撮ってさっと立ち去る、地元では飯も食わない…それでは運行を続けよう、続けさ

せたい、という意気込みがしぼんでしまいましょう。事実、上越線をわが庭のようにして

いる高野氏によれば、JR高崎支社のやる気は年々しぼんで来ているのを感じるそうです。

週刊 汽車道楽 平成28年12月4日号



◇ 「魚介加工場」のその後-「クラム・ベイ Part 6」より
2冊目の「遺言写真集」となる『白秋の信号機』は制作作業がすべて自分の手元を離れましたので、当面は第2回「鉄道模型芸術祭」への出品物製作に没頭できる環境となりましたが、会期まで、残り3ヶ月余りとなり、その間に年賀状の作成、投函などに要する日数などで1週間は差し引いて考えなければなりませんので、俄かに現実感が涌いてきています。

折から東急ハンズが18日までの期間中、「ハンズクラブ・ポイント」10倍キャンペーンに、さらに「買い上げ10,000円ごとに100ポイントプレゼント」とのことですので、「クラム・ベイPart 6」の材木を買うなら、この間ですね。「クラム・ベイ」に使用の木材、アクリル板は蓋まで入れると、切断加工費込みで毎回ほぼ3万円程度になります。そのほかに高透明エポキシが結構高価でやはり3万円弱、掛かります。

ついでながら、ストラクチャー・キットと人形でほぼ10万円。電気関係なども含めると、「総額20万円弱」が「クラム・ベイ」1台の製作予算、というところです。

それでも昨今の車輛関連の製品価格に較べるとレイアウトは低予算で楽しめます。(だから、多くの模型店がレイアウト関連商品を敬遠するのですが)車輛関連ですと、いまの時代、「ロストワックス・パーツ一握り」はとても1万円では済みませんからね。台車も床下パーツもしかり、です。(それでも米国型は安いですよ。いまや日本型の1/2~1/3です…といって誘惑する)

「クラム・ベイ」1個当たりの面積から類推すると、たたみ1枚分のレイアウトの総材料費は、高級市販品を相当ふんだんに使っても30~40万円でしょう。で、私自身や周囲のレイアウト・ビルダー仲間の実績を製作所要年数で割ってみると、無理なく完成できる面積の限界、というのは、ほぼ「1人1年1畳」ですね。これが面白いことに、ある程度造りこんだレイアウトでは、Nでも16番でもだいたい同じのようです。

さて「クラム・ベイPart 6」の実製作ですが、キーとなるファイン・スケール社の「魚介加工場」は全壁面の彩色と窓枠装着までが済んだところです。

色の決定に当たっては、過去の「クラム・ベイ」モジュールで使っていないものを、と考えてきまして「煮〆たような黄色」というのを希望しました。

しかし「黄」というのは、「どこでもあるのにいざとなると出すのに難しい色」の一つです。生では周囲から浮いてしまうし、くすませようとすると小汚くなりがちで、「渋くて、かつ、すっきりした黄色」というのはなかなか出しにくい。

今回出したかったのは、「木造建物に塗られ、潮風に晒され続けて、ひび割れの下から地肌も下塗り塗料も露出してきてしまっている黄色」というところで、レイアウトの情景がPart 5で一旦賑やかに盛り上がったのが、再び場末に戻っていく、その象徴としての色彩表現に挑戦してみようと考えました。

まず「濁りのない黄色」をベースにしませんと、ウエザリングの按配いかんではたちまち「小汚く」転落しますので、黄色系では濁りの出やすいアクリル塗料は止め、思い切って油絵具を使ってみました。作業を早めるのに「シッカチーフ」という乾燥促進剤をたっぷり練り込みました。「シッカチーフ」は注意書きに「混ぜすぎるとひび割れするおそれがある」としてありますが、今回の場合、「ひび割れ大歓迎」ですので、心配なく使いました。(結果的に、シッカチーフ自体の影響でのひび割れは出ませんでした)

油絵具が充分乾いたところで、上掛けに、リキテックスの透明アクリルで「トランスペアレント ロー シェンナー」と「トランスペアレント バーント アンバー」をタミヤ「X20A」で薄く伸ばしたものを強弱つけながら引きました。これで、やや飴色掛かる「カラメル・タッチ(?)」が出ました。

窓枠は、通常のファイン・スケール社のキットに比べ個数が多く、そのキャステイングが、窓枠の外側内側でガラスに段差を付けて貼る構造になっているため、窓枠一枚ごとに正確に合わせて透明プラ版を切り出していかねばならず、これまた、二晩に亘っての辛気臭い作業となりましたが、展示した際の窓ガラスの反射というのは、結構アクセントになるので、ていねいにやりました。

キットの説明書の指示には「窓枠開口部はブラインドの下からレースのカーテンが風に吸い出されている様をティッシュ・ペーパーの小片で表現しろ」とありましたので、実行してみましたところ、たしかにそれだけで、潮風を感じさせるものとなりました。

プロデューサーのジョージ・セリオスは大西洋岸のマサチューセッツ在住ですから、こうした「海辺の表現」には長けています。

米国のこうした木製キットはたいがい、個人規模のアマチュア・モデラー出身者が経営と同時に製品プロデュースもおこなっているので、それぞれが編み出したテクニックを説明書に盛り込んでいます。ですからいくつものメーカーの製品の組立を経験してみると、おのずと、そうしたテクニシャンの秘伝(?)を学ぶことができます。私は、「趣味」で一番楽しいのは、そうした勉強ができることだと思っています。「こんな割り箸の束みたいなキットがこんな値段を取るの!」と感じてしまうのではなく「教えを請う授業料」と考えれば、「価値」は理解できるでしょう。そこがプラスティック製品と一番違うところです。いわば「応用力を養う道場」ですね。

これで、「側面」はほぼ終わりで、これからの工程は「屋根と屋上」に移ります。ここから先に、「看板」、「給水タンク」「鐘楼」など、並みのストラクチャー1戸分ほどの工作が待っています。「12月一杯掛かるだろうし、12月一杯でやり終えないと、あとが厳しいな」という10月段階での観測はほぼ当たった感じです。