鉄道模型レイアウト「D&GRN鉄道」のコンセプト

D&GRN



わが「D&GRN鉄道」正式には「デンヴァー・アンド・グリーン・リヴァー・ノーザン鉄道」は私道を除く敷地一杯の地下に34年前から延々造り続けてきたHOスケール(1/87縮尺)のレイアウトです。レイアウト・ルームの面積は27坪、54畳のワンルームでサイズはおよそ12mx7.5m。独りで造るには、いささか大きすぎる面積で、それゆえに着工以来34年経っても、まだ道半ば。生きているうちに完成を見るかどうかも覚束ないのですが、「生涯レイアウトを造り続けていたい」というのが私の人生のテーマですから、それでいいのです。


舞台の設定は「コロラド州の州都、デンヴァーとニュー・メキシコ州のサンタ・フェからロッキー山脈を縦走して、ワイオミング州に入り、イエローストン国立公園の南端に至るルートで、その途中の山中にあるおとぎの街、ハッドレイヴィルとその周辺の山中」。


走っている列車は1940年代から50年代に実在したものが中心ですが、時代設定は「現代」です。ハワード・ヒューズとカーネギーを合わせたような大富豪一家が三代にわたる鉄道マニアで、全米の鉄道から消えていく蒸気機関車や同時代の各種車輛を買い集め、永年砂漠の秘密基地に秘蔵していたのを観光鉄道に復活して走らせ、沿線の住民にも’49’、50年代の米国の日常生活を保存させている、という想定で、映画のロケ地にも使える生きた博物館、というストーリーです。路線の途中は土地に太古から暮らすインディアンの居留地を抜けており、その部分は彼らが運営する“ココペリ・サウスウエスタン鉄道”が管理して、通行料を取っていることにしています。


私は一方で「恐竜」が大好きですが、「一時は大地を席捲しながら、あっという間に絶滅した」という「蒸気機関車」の運命には「恐竜」に通ずるものを感じています。「D&GRN鉄道」は、いわば「蒸気機関車という恐竜のジュラシック・パーク」なのです。しかし、この鉄道は現役の一般鉄道会社の列車の通行にも線路を提供しているので、時折、アムトラックをはじめ、当節の列車も通過していくのを見ることもあります。

レイアウト人生―「D&GRN」への道程 Vol.2

moutain_railway

私が影響を受けたジョン・アレンのレイアウトのテーマは「山岳鉄道」でした。レイアウトを立体的なものするならば、斜面を九十九折に登って高低差を付ける山岳線を舞台にするのは当然の選択です。私も「造るなら当然山岳鉄道」と考えるようになりましたが、ジョン・アレンのレイアウトを知る機会がなければ、どうだったか?やはり、千載一遇の出会いだったと思います。


しかし「山岳鉄道とそこを行く蒸機の魅力」を主体的に理解させてくれたのは実物の鉄道写真でした。中学に上がって、洋書の写真集でロッキーやシュエラ・ネヴァダ山脈を越える蒸気機関車の往年の奮闘を見、やがて、日本からもいよいよ蒸気機関車が姿を消していくのが加速度的になったのを感じて、一時米国の鉄道から日本国内に目を移して全国にカメラを担いで出かけるようになって、生の蒸機の勾配での激闘の迫力を眼前にしたことで、「模型もやっぱり蒸機、それも急勾配がセットでなければ、真の魅力は味わえない」と思い知ったのでした。


その後10年ほど、夢中で鉄道写真を撮った、実物の蒸気機関車を勾配線で写した、というのは、私には言い尽くせない貴重な経験になったと確信します。好適な撮影ポイントを探して、延べにすれば数百キロの線路端を歩き、土手や切通しを登り降りしたことで、線路と地形の関係を体が覚えたことはその後、実際にレイアウトで地形を拵えるときに、直感的にイメージ作りができるようになったのにつながりました。


ですから、「D&GRN鉄道」の沿線風景は「ここで列車写真を撮ったら、こう写る」ということを常に意識して造ってきた、といえます。つまり、「好適撮影ポイント」の連続でもあるわけです。従って、鉄道写真家の目で見て飽きません。そこでいつまでも列車の来るのを待っていたくなるような風景を造りたい、というのがコンセプトの大切な一つであり、「こういう場所で一度写真が撮ってみたかった」という「夢の撮影ポイント」の表現でもあります。